<cite id="3f7dp"></cite>
<cite id="3f7dp"><video id="3f7dp"></video></cite>
<cite id="3f7dp"><video id="3f7dp"></video></cite>
<progress id="3f7dp"><var id="3f7dp"></var></progress>
<menuitem id="3f7dp"><strike id="3f7dp"><listing id="3f7dp"></listing></strike></menuitem>
<var id="3f7dp"><video id="3f7dp"></video></var>
<var id="3f7dp"><video id="3f7dp"></video></var>
<var id="3f7dp"></var>
<cite id="3f7dp"><video id="3f7dp"><thead id="3f7dp"></thead></video></cite>
<var id="3f7dp"></var><var id="3f7dp"></var>
<var id="3f7dp"><dl id="3f7dp"><listing id="3f7dp"></listing></dl></var>
<cite id="3f7dp"></cite>

ご挨拶

message

THINK & FEELの描くビジョンとは

株式会社シンク?アンド?フィール

代表取締役

KATSUYOSHI YAMAKI

山木 勝義

心躍る感動から生まれた今

子供のころから、ゲームで遊ぶことが大好きでした。
心の踊るあの感覚と、進めていくほど強くなる探求心を今でも鮮明に覚えています。
そこには、幼いながらに感じた「驚き」と「感動」がありました。
今と比べると、とてもシンプルなゲームばかりでしたが、何度も「挑戦」し初めてクリアした時の「達成感」は忘れられません。
思えば、あの頃感じた感動が今の私の原点だったのだと思います。

挑戦し続け、成長し続ける

いつしかゲームを楽しむだけではなく、自分でも「ゲームを作りたい」と考えるように。
あの時感じた感動を自分の手で生み出したいと思うようになりました。
新しいゲームを考え、プログラムを覚え、絵を描き、曲を作る。
初めて自分一人で完成させたゲームはとても稚拙なものでしたが、それでもそこにはゲームで遊んだ時と違った、「挑戦」と「達成感」がありました。

この2つの「挑戦」と「達成感」が、今でも私のゲーム作りの原動力になっています。

仲間たちと作るTHINK&FEEL

今、私の周りには同じ想いでゲームを作る沢山の仲間たちがいます。
そして、かつての私と同じように自分の手でゲームを作りたいという想いを持った若者たちが集まってきます。
昔に比べれば需要も技術も進歩し、私たち作り手にはさらなる成長が求められています。
沢山の人々が純粋な気持ちで楽しめるゲームを作っていきたい。
ゲームを遊ぶ人、ゲームを作る人、どちらにも良質な「挑戦」と「達成感」を味わってもらいたい。
その思いを「THINK&FEEL」で実現していきたいと思っています。

PAGE TOP
国内中年肥熟女人露脸视频/日本高清视色www/黑人30厘米全进去